現在、少子高齢化や労働力世代の方の定年退職、働かない若者たちの増加により、企業は人材の確保に苦戦しています。しかし、苦戦しているからといって、闇雲に人を採用して集めても、企業の成長にはつながりません。当然、その企業の風土や色に合った人を採用しないと、採用した方が長く働いてくれず、辞めてしまったり、会社が向かおうとしている目標に対し、一緒に切磋琢磨してくれない方であれば企業にとって何もプラスにはなりません。団塊世代の退職が始まった今、必要な人材は、次の世代にリーダーとなり得る方を確保していくことです。とは言っても企業が自分の会社をうまくPRできなかったり、良い人材と会える場をうまく作れないと、良い方の採用にはつながりません。現在、人手不足の企業が非常に多いため、スピード勝負という現状もあります。

よい人材に自社に興味をまずは持ってもらう

新たな人材を採用しようとした時、何もせずにただ待っていても応募が来るはずはありません。一般的には、転職サイト上に自社の求人広告を掲載します。ただ、これでは冒頭でも述べたように、現在人手不足の企業が多いため、求人広告の数と言うのは膨大な量があります。ただ求人を出すだけでは自社の求人広告がどれくらいの人に、どの程度見てもらえるかが分かりません。そこで有効なのは、人材採用に特化した専用エージェントを使用することです。この専用エージェントは、仕事を探している求職者の方と直接コンタクトを取り、どのような企業を探しているのか、どういった働き方をしたいのか、細かくヒアリングを行います。その上でマッチしそうな企業をいくつかピックアップし、求職者の方に紹介するシステムです。これにより、より理想としている人材に近い方とコンタクトを持つ機会が増やせるのです。

採用したい方が見つかったらフォローを忘れずに

仕事を探している求職者の中で、採用に値する良い人材が見つかった場合、内定を出してからも決して油断はできません。有効求人倍率が上がっており、新たな人材が欲しいと言う企業が多い今の世の中では、いつ、他社に内定を出した方を取られるかが分からない為です。今は、買手市場の為、求職者の方は、内定が出てからも、より良い条件の企業はないか、探し続けている場合も多いのです。内定を出してからも決して安心はせず、実際に入社頂くまでは定期的にコンタクトを取り、自社の良さや、実際に働くイメージを持ってもらえる様にフォロー活動を行う必要があります。人材採用を行いたくても、待っているだけでは良い人材を確保できないため、人材採用費用をかけてでも、少しでも多くの求職者と接点を持つ工夫をすることが大切です。